横浜で書籍を製作しています。

製作の『製』は物品をつくるこしらえるという意味。

技術を大事に皆様に喜んでいただける本を造ります。

小社商品一覧

駅名事典 初版覆刻版

国立国会図書館に所蔵されている1952年に中央書院にて刊行された初版初刷のものを底本とし、翻刻および覆刻された書籍。現在存在する路線や駅名だけでなく、今はもう無くなってしまった駅名や路線の名前も沢山掲載しています。是非お手に取っていただき当時の鉄道事情に思いを馳せていただければ幸いです。刊行当時の風合いを出すため本文中の文字や記号は当時に印刷されたものを画像補正して使用しております。誤記や誤植についてはなるべく刊行当時のそのままにしてありますので本文や路線略図の中にいくつかお見苦しい点があることにつきましてはご承知おきください。本書はなるべく刊行当時の本に近い形で再現しております。そのため少数部数による自家印刷、手製本で製作しております上、所々で不格好なところもありますことも併せてご容赦ください。


ISBN:978-4-908480-00-3 本体価格3,500円 

判型:縦172mm x 横98mm 301ページ(別途折り込み路線図つき4p)

編集者:石井 孝明

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

Huldufólk Íslands I

アイスランド・謎の妖精「Huldufólk」を追う

北欧にある孤島の国・アイスランド。そこではHuldufólk(フルドゥフォルク)と呼ばれる妖精の一種に関する伝承が古くから伝えられている。2ヶ月半にわたり取材を行い、妖精の教会や妖精の交易地帯など、妖精について古くからの伝承が残る場所や、2010年以降実際に起こった妖精に関する事件の重要な場所を掲載した写真集。

ISBN:978-4-908480-01-0 本体価格2,000円 

判型 A4横フルカラー 30p

著者:小川 周佑

著者について:1985年生まれ。大学在学中にバックパッカーとして南米・中東・アフリカなどを旅し、卒業後は各国の歴史的事件・文化・民俗を取材する写真家・ライターに。2015年インド-バングラデシュの国境線変更と、それに伴い消滅した「謎の飛び地地帯」を日本人としては唯一取材。2018年謎の妖精「Huldufólk」にまつわる事件を取材にアイスランドへ。